友達以上の関係・恋人未満:婚活・お見合いパーティー

友達以上の関係・恋人未満

古いネタですみません。アラフォーな人は、ご存知かも?ですが、
昔トヨタサイノスと言う小型車がありました、今で言うところのヴィッツクラスですね。

クーペっぽいスポーツスタイルと手頃な価格でヤング層に売れてた思います、ライバル車は、NXクーペやAZ-3かな(何れも懐かしいですね。

そしてサイノスのキャッチコピーが「友達以上・恋人未満」だっだと思います。
なんか微妙…ぎこちない響き、友達以上って何だろ?
恋人に未満も以下もあるのかな〜当時は、そんなイメージを抱きました。


筆者(アラフォー世代)は、TVや雑誌、マスコミやブームに煽られ車にステータスを求める人多かったですね。
ステータスだけじゃなくて、個性やスポーツ性能、拘りは人それぞれですが、男で軽自動車乗っていると、若干軽視される傾向があったとと思います。
また車のジャンルも沢山あり、そのジャンルで友達グループが別れてたりして…どちらにしても「車」が道具以上の物だったと思います。

筆者自身は今、商用バンに乗っているので最近の車事情は知りませんが、面白い車を発見しました。
bBです。若者向けの車なんだろうな〜と思い見向きもしなかったのですが、代車で利用して発見しちゃいました「シートアレンジがエロイ」ことを…うふふ。
そう言う車だったんですね、今更知りました。

助手席をリクライニングさせるレバーって助手席の左側にありますよね(高級車の電動シートを除いて)
あのレバーが、運転席側についている車がかつてあったんですよ!
ホンダのプレリュードです。

いや〜意味深な車だったと思います。
だって2ドアクーペで、運転席側から助手席を倒す必要ってどんな時ですか?
「友達以上・恋人未満」とか言っている場合じゃないですよ。あの車は^^
そして助手席を倒すと天井にはサンルーフが…やり過ぎかと;汗
しかもパカパカと開くリトラクタブルライト、変な動きをする4WSとギミック満載です。

プレリュードで赤城山(前橋)にドライブに行ったのは、はるか昔の思い出です。

高級セダンに乗ったこと無いから知らないけど、2ドアクーペだとボンネットが長いから、助手席の足元が広い&運手席側からも良く見えるんですよね。
さすがに軽自動車だと助手席足元までエアコンなどの機械満載だったり、ミニバンも同じように助手席足元がグチャグチャな車多いですよね。

拘りは、広いかどうか?じゃなくて、運手席側からも良く見えるかどうか?なんです。 プレリュードとかシルビアは、運転者からも助手席にご乗車いただいている方のお足元がチラチラと見えて、運転に集中できず、楽しかったりします。
ワンピースにミュールとかだと、もう運転不能です、即効「レバーをON〜!」にしたいです。

レバーがそうさせるのか?そんなニーズがレバーを生んだのか?分りませんが、デートカーと言うジャンルが、かつてありました、トヨタではスペシャリティーカーと言うジャンルだったと思います、セリカとかMR2がそれですよね。

そして過半数の男性は年収の半分以上を車に使っている時代だったと思います。
今は不景気で車メーカーに勤めている人さえも、車を買えないなんて話を聞きました。
寂しいけど、今から思えば、年収の半分以上を車に消費する生活の方が、侘しい気がします。

お見合いパーティーへ参加いただける、最近の女性は、男性が軽自動車に乗っていても「全然OK!」な人多いですよね。

バブリーな頃の女性は「最低3ナンバーじゃないと助手席乗らないよ〜」な女性多かったです。ちなみに知人女性(アラフォー)は、今だに同じこと言ってます。
もちろん時代の変化に対応し変わった人も多いと思いますが、変われない人もいます。
最近では、女子会・アラフォー女子・イクメン・草食系などの言葉を作り、いつになってもこの世代を追っかけているマスコミ様に「あ〜あ、いつまでやってんのかね〜10年後はアラフィフ女子とか言い出しそう」と思います

実際問題、今のアラフォー女性全員が、女子会やっている訳じゃないし、車だって軽乗っている人多いですよ、収入も不安定だから倹約して地味にやってますよね。勝手に年代で分けるなって思いますよ。

車の話に戻りますが、
かつて若者が無茶なローンをして高級車を買う→モテるけどガソリン代無い→デート不可
今は違って、車にお金掛けるより、デートや食事、二人の時間にお金を使おうよ!そんな女性が多く、不景気ですが、それなりに楽しくやっているみたいで、逞しいなぁ〜と思います。
僕も含めアラフォー世代も若者から学ぶべきものがあると思います(今更変われませんが^^